人間ドック

人間ドック

人間ドックの内容やかかる時間、費用などについて。お近くの最安値の医療機関も見つかります。

通販&旅行ナビ > 人間ドック

人間ドック 内容

人間ドックとは、船舶の建造や定期検査を行う場所である「ドック」が由来で、人間も同じように定期的に身体の健康状態を総合的に検査し、主に三大疾患の「がん」、「心筋梗塞」、「脳卒中」の発見を中心にその他体内に異常が無いかを人間ドックで確認し、早期発見や重症化の予防をすることが目的となります。    

現状では、「がん」だけで言うと、日本人の2人に1人が病気にかかり、3人に1人が亡くなっています。「心筋梗塞」を含む心疾患は全死因数の約16%、「脳卒中」は全死因数の約9%が亡くなっています。その為、健康面に対する意識が高まり早期発見・早期治療をすれば生存率が約70~90%以上になる為、人間ドックを受けて健康で長生きをしようと考えてる方が増えているのです。

人間ドックの検査内容としては、MRI、CT、X線検査、PET、超音波検査を組み合せて各種のがんを中心に、消火器系疾患、心臓病、脳血管疾患、前立腺などを見つけていくことになります。

では、何歳になったら人間ドックを受ければよいのでしょうか?

人間ドック 何歳から

通常は、20歳以上の成人からが人間ドックの対象で、主に35歳以上の方がメインとなって受けており、健康に対する意識が高い方は若いうちから検査を行っています。

年齢を重ねるにつれて様々な病気にかかるリスクが増える傾向にあります。年代別の人間ドック受診内容の目安としては、30代は胃がん、大腸がんを中心とした消化器系、40代は臓器を中心とした定期的な検査、50代は三大疾患、60代以上は前立腺や肝臓を含め、年に1回以上の精密検査をすることが勧告されており、年代が上がるにつれて頻度を増やし、詳細な検査を行っていくことになります。

人間ドックは健康保険適用外なので費用は高くなり、受診はあくまでも自己判断になります。一部の企業の福利厚生として、健康保険組合が人間ドックの受診費用を一部負担してくれるとこもあるので、一度自社の状況を調べてみることをおすすめします。

もし、会社で人間ドックの費用負担がなかったとしても、延命ができないような重症を患って手遅れになった時や、重病の治療の為に後々高額な費用が必要になることを考えれば、年1回は人間ドックを受けておいた方があらゆる面でリスクを減らせますし、長生きできる確率も上がります。

人間ドック 費用

人間ドックにかかる費用はいったいどれぐらいになるのかというと、病院毎に検査内容や設備に違いがあり、人によって検査を受けたい項目も違う為、一概には言えません。目安としては、検査項目の少ないものでは約3万円、脳ドックまで入れると高い病院で約20万円以上になりますので、いくつかの病院の費用を比較しながら選ぶと良いでしょう。

受診にかかる時間は検査内容にもよりますが、少ない項目で約1時間ですが、だいたいは3時間~4時間ぐらいのところが多いです。

診断結果は当日説明できるものもあれば、時間がかかる関係で後日2~4週間後に郵送されることが多いです。病院によっては、診断画像をCDなどで手に入れることもできたり、郵送された診断書を持って後日結果の詳細を説明してくれるところもあります。

では、人間ドックを受ける為の病院をどこで調べればよいかですが、おすすめは全国の約630件以上の施設と約1万種類の診察プランがある、業界1位のこちらの人間ドック検索サイトです。

>> 人間ドック・検診予約(MRSO)

このMRSO(マーソ)は、年中無休で人間ドックの予約受付や手続きがスピーディにできることと、費用を最安にすることができます。これは、予約や受診後に他のウェブサイトと同じプランを見つけた時、そちらの方の費用が安かった場合に差額を返金してもらえる「最適条件保証」が付いてるからです。また、受診費用に応じてTポイントが貯まることも嬉しいです。

病気になって初めて健康のありがたみが分かるとはよく言います。残された人生を病気のせいで止む無く諦めてしまうような悔いが残る人生や、残された家族の悲しみを考えると、人間ドックを定期的に受けることをおすすめします。いつまでも健康で楽しく、有意義な人生を送る上では、身体のメンテナンスが欠かせないと考えます。

人間ドック トップへ戻る

Copyright 2015 © 通販&旅行ナビ All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
seo great banner